×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピー性皮膚炎 ステロイドとは | アトピー性皮膚炎予備知識

【アトピーの予備知識】
アトピーTOP
【相互リンク募集】
相互リンク
【当サイト利用規約】
個人情報取扱い
【相互リンクなどお申込み】
お問い合わせ

アトピー治療で使われる ステロイドとは?

■ステロイド治療について ステロイドとは何か?
ステロイド外用剤は、副腎皮質ホルモン(ステロイド)により過剰になっている免疫反応を抑制し、症状を和らげる効果がある。もっとも効果が高いとされる薬剤である。外用剤にはランクがあり、「Weak(弱い)」「Medium(普通)」「Strong(やや強い)」「Very Strong(かなり強い)」「Strongest(最も強い)」に分けられ、症状の度合い・炎症の発生部位によって使い分ける。ステロイド外用剤は薬局・薬店などで入手出来るものもあるが、強いランクのものは医師の処方箋を必要とする。
ステロイド治療の副作用 「ステロイド」は、アトピーの痒みをおさえてくれる 治療薬として今も注目されているものです。
部分に数回塗ると痒みがおさえられる薬ですが、使用方法を間違えば、 副作用をともなうケースがあり、その副作用が問題となっております。
ステロイドの使用法 副作用に関するサイト

相互リンク
アトピー性皮膚炎予備知識 Copyright 2008